下取りと買取

バイクを高く売る方法

バイクを高く売却するには、どこの業者に売るというよりも価格交渉のやり方が一番重要になってきます。初めてバイクを売る方や安く買い叩かれた経験がある方は、「バイクを高く売る方法」をチェックしておきましょう。

下取りで売るのと買取査定に頼むは、どっちがお得?

 

 

現在乗っているバイクを売った後、
新しいバイクを購入予定の方にとって
バイクを下取りに出すという方法もあります。

 

 

ここでは、

  • バイク買取査定を依頼する場合
  • 下取りを依頼する場合

のどちらに売るのがお得かを説明していきます。

 

 

まず下取りです。
下取りとは、新しいバイクを買うという条件
「新しいバイクの値段」から「古いバイクの買取価格」を引いてもらうという方法です。

 

新しいバイクの販売価格 - 古いバイクの買取価格 = 新しいバイクに払う金額

 

 

下取りの良い点は、
「新しいバイクの購入」と「古いバイクの処分」を一社で行えるので
手続きも楽ですし、新しいバイクの納車日になったら
古いバイクに乗って、バイクショップに行って
バイクを交換すればいいだけというメリットがあります。

 

 

下取りの悪い点は、
バイクの買取価格がどんぶり勘定ではっきりしない点です。
下取りは、新しいバイクの値引きという考え方なので

 

 

例えばバイクショップの店員が
「バイクの価格を勉強しておきました」と言っても

 

購入するバイクの価格を安くしてくれたのか?
下取りのバイクの価格を上げてくれたのか?

 

よくわからないという問題があります。

 

 

バイクショップもそこを曖昧にして
うまく商売をしています。

 

 

実際に下取りの場合は、
バイク買取業者に依頼した時のような
きちんとした査定基準というものがなく、
店舗によって金額がバラバラで多くの場合、バイク買取業者に売ったほうが高く売れます。

 

 

またバイク買取業者は、買い取ったバイクを業者間のオークションで売ります。
よってどんな車種のバイクでも買い取ったらすぐさばけるので
バイクの維持費がかかりません。

 

 

一方、バイクショップの場合、
買い取った後のバイクをすぐさばけないという問題があります。

 

 

バイクショップは、買い取ったバイクを
自分の店舗で売るケースがあります。

 

 

よって人気のないバイクを下取りしてしまい
そのバイクが売れないと
ずっとバイクを店舗において置かなければなりません。

 

 

売れても大した金額にならないバイクの維持費を
払い続けるというリスクがあります。

 

 

実際、そういうバイクは、他の販売店に転売したり、
バイク買取業者に売る場合もあるそうです。

 

 

そういった理由からどうしても下取り価格は、
バイク買取業者に売却する価格よりも低くなってしまうのです。

 

 

バイクを売るなら下取りよりバイク買取業者をオススメしますが
一番いいのは両方で見積もりを出してもらうことです。

 

 

ただし、バイク買取業者の方が高く売れる可能性が高いので
先にバイクショップで見積もりを出してもらった後、
バイク買取業者に依頼しましょう。

 

 

交渉の時もバイクショップの見積もりをチラつかせながら
買取価格をアップする交渉をすれば
大体の場合、下取りより高く売れます

 

 

まとめ

  • 下取りの良い所は、購入と下取りを1社にまとめてできること。
  • ただし、高く下取りますと下取り額をアップさせるとその分新車の値引きを少なくして調整することが多い。
  • バイクの下取りより買取の方が高く売れるケースが多い。

バイクを高く売る方法



バイクを高く売るには?


複数の会社に査定してもらう



バイク比較.com



1社に査定してもらう



バイク王公式サイト