バイクを個人売買で売る場合の注意点

バイクを高く売る方法

バイクを高く売却するには、どこの業者に売るというよりも価格交渉のやり方が一番重要になってきます。初めてバイクを売る方や安く買い叩かれた経験がある方は、「バイクを高く売る方法」をチェックしておきましょう。

バイクを個人売買で売る場合の注意点

 

 

バイクを個人売買で売る場合、
いくつか注意点があるので
そこをおさえてから売りましょう。

 

 

まず、個人売買の場合、
間に業者が入らないのでその分高く売れる可能性があります。

 

 

しかし、高く売れるということは、
それだけリスクや責任が発生します。

 

 

業者の場合は、
バイクを販売する時に必ず整備をしてから売りますし、
売った後ですぐ問題が発生した場合、
責任をもって対応してくれます。

 

 

しかし、個人の場合は、
乗っていたバイクをそのまま買い手に引き渡す人も多いですし、
売った後、すぐに何か問題がおきても対応出来ない人がほとんどです。

 

 

そのため、オークションでバイクを売る人は、
ノークレームと出品ページに書きます。

 

 

しかし、実際になにかバイクに不具合が出ると
バイクの買い手は、容赦なくバイクの売り手に
金を返せ!修理代を出せ!と言ってきます。

 

 

「ノークレームと書いていたでしょ!」
「それに安く買えたのだからそのようなリスクもあるでしょ!」

 

 

と言ってもまったく話を聞いてもらえません。

 

 

個人売買の場合、
お互い特に問題は、置きないだろうと楽観視して取引をします。
さらに高い買い物なので問題が起きた時は、相手の恨みも深く、
かなり面倒なことになります。

 

 

ここが一番リスクの大きい部分で
ヤフオクなどでバイクを販売している業者ですら
落札者からのひどいクレームが嫌になって
ヤフオクでの販売をやめている業者も沢山います。

 

 

その他にも
バイクの引き渡し、名義変更の手続きなど
多くの手間もかかりますので、

 

 

個人売買をする場合は、
友達とか知人に売る場合のみにしたほうが無難です。

 

 

個人売買では、
高く売れる可能性がある分
リスクや責任、手間がかかるかと知っておきましょう。

 

 

そういうのが面倒な人は、
バイク買取業者に頼んで
その中で高く売るように努力したほうがいいです。

バイクを高く売る方法



バイクを高く売るには?


複数の会社に査定してもらう



バイク比較.com



1社に査定してもらう



バイク王公式サイト