バイクを買う時、新車と中古車のどっちがいい?

バイクを高く売る方法

バイクを高く売却するには、どこの業者に売るというよりも価格交渉のやり方が一番重要になってきます。初めてバイクを売る方や安く買い叩かれた経験がある方は、「バイクを高く売る方法」をチェックしておきましょう。

バイクを買う時、新車と中古のどちらにするか?

 

 

バイクを購入する時に最も気になるのが価格だという人も多いでしょう。買いたい車種があっても新車だと手が出ないから中古で探すそうという人もいるでしょう。ただし、安くなればそれだけリスクが高くなります。ここでは、中古で買う場合と新車で買う場合のメリットとディメリットを見ていきます。

 

 

新車のメリット

新車のメリットは、ハズレがないということです。当然前のオーナーがいないのでどんな乗り方をしてきたか心配する必要もないので当分は、故障の心配もありませんし、故障で急に大きな出費が必要になる可能性も低いです。新車で購入すれば保証がついている場合も多いですし、そのバイクの最高の状態を楽しむことができます。

 

 

新車のディメリット

新車のディメリットは、購入費用が高くなることです。これは、リスクをお金で買うということになるので仕方ありません。特に初めてバイクを購入する人にとっては、新車の方が良いでしょう。他には、選べる車種が少ないということがあります。新車で販売されているのは、現在生産されているモデルとなるので過去の生産終了モデルは、買えません。

 

 

中古のメリット

中古のメリットは、過去の全てのモデルが対象となるので選べる範囲が広いです。同じ車種、年式のモデルでもカスタムしているバイクもありますし、選択肢は、いくらでもあります。新品よりかなり安く買えますし、オークションなどで個人から直接買うと更に安く手に入れることができます。

 

 

中古のディメリット

ディメリットは、価格が安い分、ハズレをひくことがあるということです。バイクというのは、乗れば乗るほど各部が消耗していくものです。定期的にメンテナンスをして部品も交換していかなければいけません。前のオーナーが酷い乗り方をしている場合、外見から確認出来ない部分が酷く劣化してきている可能性があります。また事故を起こしてフレームが曲がっていたり、修理されている場合もあります。事故に繋がる問題を含んだバイクもあるので安く購入できても事故して怪我をしたとなれば本末転倒です。また買った後、すぐ壊れて高額な修理費が必要になることもあります。また古いバイクになると修理したくても必要なパーツがない場合もあるので注意が必要です。そういうリスクを含めて安く買えるのが中古ということを知っておきまそう。中古バイクを買う場合、目利きが必要なのでそれが出来ない人は、新品を買っておいたほうが無難です。またショップ選びも重要なので評判が良いバイクショップで購入するようにしましょう。

 

 

新車か中古車のどちらにするかの口コミ

 

 

バイクの値落ちの悪さは異常だよ。車なんかドイツ車で3年で半値以下になるのにバイクは、10年で半値って車種もザラにある。賢い人ならバイクは新車で買って、車は、中古を買う。

 

 

新車で購入して自分で何の整備もしないよりは、中古で購入して自分で整備しながら乗った方がいい経験になってよりバイクに興味が出てくるよ。

 

 

4ストの原付は、基本は頑丈だから自分で全ての消耗部品を交換すれば中古は凄く安い買い物になると思うよ。できない人は、新車を買いなさいって話。

 

 

SR400の中古は、特に年式が参考程度にしかならない。見た目がノーマルでもカスタムした後にノーマルに戻したやつもいっぱいあるし、メーターが交換されると走行距離もたいして参考にならないし。それにカスタム車は、ちゃんと見極めないと高確率で地雷を引くよ。自分で見てわからないなら新車の方が安全。

 

 

俺は、絶対中古なんか買わないわ。だって今だにメーター戻して売ってる業者あ、山ほどいるから。

 

 

俺も下取りに出したバイク屋がメーター戻して売ってた。下取りに出した時は、走行距離が25000kmだったのに9000kmで売ってた時は、唖然としたわ。あれ以来、中古バイクを買うのは、辞めたわ。

 

 

中古のバイクを選ぶ時は、シャッターキーの傷付き具合やシートのヨレとかも参考になるよ。

 

 

使い潰すつもりなら中古の掘り出し物で十分。もちろん整備を自分でやることが前提。中古を購入して店に整備を頼むなら新車でいい。

 

 

ボロい中古の原付を買うと1年後くらいに駆動系とタイヤ交換が来るからその出費で数万円になる。おんぼろスクーターを売る店は、納車整備で消耗部品が限界ギリギリまで交換しないから。

 

もし中古車で社外の安価のマフラー変えてある場合は、空ぶかしの常習者が乗っていたと見なした方がいいよ。ニュートラルに入れられないスクーターで空ぶかしすると駆動系、特にクラッチに不要な負荷がかかるから走行距離以上に痛んでる可能性があるので選ぶ時は、気を付けた方がいい。

 

スクーター初心者なら5万円とかの原付に手を出さない方が賢明。現状渡しで5万円で買えてもちょっと乗ったら直ぐに部品代と工賃でかなりの出費になるよ。例えば現状渡しの走行距離14500kmだったらVベルト・クラッチシュー・WR・前ブレーキパット・後ろシュー・プラグ・エアクリ・オイル交換・タイヤ前後、水冷ならクーラントも交換。これで部品代が3万円弱。プーリー・フェイス・ボスも減ってる場合は、4万円弱かかる。さらにバイク屋でやってもらう場合、工賃がプラス2万円位かかる。これらの消耗品を交換しても、電球切れたり、バッテリー切れたり、ワイヤー切れたり、安い中古のバイクは、いろいろ問題が出てくる。もちろん自分で弄れる人には、ベース車としては安いの買うのは、ありだけど。

 

ホンダの2stスクーターは、35000kmぐらいでクランクが逝くことがある。Dio系やリード100の前期型などの2ストエンジンがクランクベアリングに構造的欠陥を抱えていることは業界では有名。クランク一式交換で10万円近くかかるから普通は、買い替えになる。ホンダの4stエンジンで5万km以内にクランクベアリングが逝くことは、オイル交換ずっとさぼってた人為的ミスによるものがほとんど。中古買うならその辺を含めて考えてからにしたほうがいい。

 

俺は、原付二種スクーターは、3〜4年で買い換える事が多い。走行距離5万kmとかでベルトは2回は交換する。5万km乗るとさすがにサスペンションがヘタって駆動系とタイヤを新しいものに交換しても昔のようには走らなくなる。2ストは、エンジンもヘタってくるから、もっと厳しい。エンジンは、バラせばなんとかなると思うけど金がかかる。だから数万km乗ったスクーターとかいくら安くても中古で買う気がしない。

 

 

売れない安い中古バイクの現状渡しは、「整備しました」と言ってもせいぜいオイル交換・バッテリー充電・空気圧の調整くらいしかしてくれないよ。

 

バイクを高く売る方法



バイクを高く売るには?


複数の会社に査定してもらう



バイク比較.com



1社に査定してもらう



バイク王公式サイト